人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

誕生日を迎え、30代の前半戦を振り返ってみました。

スポンサーリンク

今週のお題「4年間で変わったこと、変わらないこと」はてなブログは4周年!


はてなは4歳なのですね。

私は今日、35歳になりました。

30代もいよいよ後半戦です。

私の変わったことと変わらなかったことはなんだろう。

改めて考えてみました。


f:id:ssachiko:20151110225540j:image


20代は子育て

20代はひたすら子育てに追われていました。

19歳で結婚し、21歳、24歳、26歳で3人の子どもを産み働きながらほぼ母子家庭状態で育てることにひたすら必死でした。

正直「子育てを楽しむ」なんてことはできませんでした。

そんな余裕なんてないない。


でも、子どもは育ちます。

ずっと手がかかりっぱなしなわけではなく、ひとりでできることも増え、親の手を必要としないことも増えます。


30代は「激動」

少し余裕が出てきた30代。

一人目の時は何もかもが分からなくて、手探りで無我夢中に子育てしていました。

でも二人目の時は少しずつわかるようになってきて、三人目ではやっと楽しめるようになってきた。


「子育てはあっという間。今を楽しんで」


先輩ママさんに言われた言葉。

ようやく三人目でほんまにそうやなぁ…って思いました。


そして決意。

変わること。

変えていくこと。


長く続けていたことを変えるというのは体力も神経もとても使います。

中には変化を求めない人もいるからね。

「現状維持」のままでいいと。


でも敢えて「変化」を選ぶ。

「進化」するために。


慣れず大変なことも多くあるけれど挑み続けたい。

見ているだけの傍観者でいたくないんだ。

常に挑戦者でありたい。


そして「子どもを育てるためにしていた仕事」から、「本当に自分がやりたい仕事」にかえた。

これは大きな挑戦だった。

でも「やりたいこと」は楽しい!

楽しんでいる親の背中を子どもも感じてくれて、この挑戦は良い流れを作ってくれた。



32歳から33歳にかけては鬱を患った。

家事、育児、仕事に加え、PTAの大きな役員、子どもが習い事をすればそこの総務の仕事だったり、保護者代表だったりが加わり全てを完璧にこなすことなんかできないのに完璧を目指した。

家庭内の不和も響いて逃げ場がなくなった。

一生懸命になり過ぎた。

人間不信。

楽しむことを忘れ、無我夢中病になっていた。

周りを見ることも出来ずただただ走り続けた。

地獄への坂道を猛スピードで駆けていた。

そして潰れた。

落ちるところまで落ちた。

実家に強制送還。

家族にも子どもたちにもいっぱい心配かけてしまった。


でもそれがあったからこその気付きもあった。

裏切り傷付けるのは人だけど、救い助け癒してくれるのもまた人なのだと知った。


自分に本当に必要な人。

自分が本当に大切にしたいこと。


30代の前半の経験は私にとって軸となる芯の部分をしっかり強靭なものにしてくれた。

これがぶれない限り大丈夫。

そう思う。


守り固められていた自分の殻を破り、本当の自分をようやく見つけた。



そして変わらないもの

子どもたちが、朝起きるなりハッピーバースデーの歌を歌いながら手紙とプレゼントをくれた。

f:id:ssachiko:20151110221720j:image


一日の中で一番お風呂タイムが大好きな私にたくさんの入浴剤!♡

f:id:ssachiko:20151110221807j:image


そして学校から帰ってから買いに行ってくれたというミニブーケ♡

f:id:ssachiko:20151110221849j:image

頼んでいてくれたケーキも本当に嬉しかった!

f:id:ssachiko:20151110221926j:image


そして、母からは私が大好きなチョコレート☆

f:id:ssachiko:20151110222007j:image

f:id:ssachiko:20151110222013j:image


妹に呼び出されカフェに行ったら、こそっと店員さんにお願いしていたらしく、運ばれてきたモンブランにロウソク立っててビックリ!!

f:id:ssachiko:20151110222134j:image

なんて嬉しいサプライズをくれるんだ(T_T)



ありがたいです。

TwitterでもLINEでもたくさんのメッセージをいただき、家族にも暖かく祝ってもらえる。

本当に嬉しい。

心から感謝です。



変わらないものは家族への愛。


これだけは一生変わらない。

大切な愛する子どもたち。

反抗期真っ最中で捨て台詞ばかりの長女も、いつまでたっても幼くていらんことしては怒らせる息子も、生意気盛りで男勝りな末っ子さんも、ほんまみんな大好き!

みんな大好き!

永遠に変わらない一番大切なたからものです。



生まれたこの日に大切なことを改めて確かめ直すことができました。

私の変わったことと変わらなかったこと。

はてな4周年、おめでとうございます☆