人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

中学2年生息子の反抗期記録

<広告>

中学2年生の息子。
反抗期に入ったのか最近よくぶつかります。

 

実は息子、先週から部活をサボってます。


私が仕事から帰宅すると部活に行っているはずの息子が家にいます。
理由を聞くと「ちょっとしんどい」「頭痛い」
偏頭痛持ちの息子なので気圧の変化などで本当に体調崩すことがたまにあります。
そっか。
ゆっくりしとき〜と最初は言っていました。

 

しかし、翌日もその翌日も家にいます。
タブレットでYouTubeを見ながらお菓子を食べてゴロゴロダラダラ。
どうしたのか聞くと「部活行かなかった」と。
理由を聞くと「行きたくないから」と言います。

なぜ行きたくないのかを聞くと「おもしろくないから」と。

 

f:id:ssachiko:20170910201649j:plain

 

緊急話し合いです。

 

部活がおもしろくない。

やりがいもない。

時間が無駄に思える。

そんな部活に毎日行かなきゃいけない理由は何?

 

息子に言われ、答えに困りました。

私はおもしろくないことを無理して続けなければいけないとは思っていません。

精神的にしんどくなるまでがんばる必要はないと思います。

ただ、おもしろくないことなんてこれからいくらでも出てくるし、それでもやらなくてはいけないこともある。

おもしろくないからもうやらないって簡単に投げ出すようにはなってほしくないと思ってます。

 

それと自分で決めた自分の道に責任を持ってほしいと思っています。

私と息子の剣道を続けていくうえでの約束は「初段を取ること」でした。

今年の春に息子はその約束まで続けてきました。

今後剣道をもっと続けるかどうかの決断は息子に委ねました。

 

転校した時、初段を取った時、この夏小さくなってきた道着と防具を買い替えたいと言ってきた時、そのたびに息子に継続の意思を確認してきました。

道着も防具も安くはないです。

でも部活を中3の引退まで続けるのであれば、ちんちくりんの道着は格好悪いので買い替えてもいいよと話しました。

そのとき息子は引退まで頑張ると言っていたのです。

だから買い替えました。

なのに1ヶ月も経たないうちにサボりだしたのです。

 

人の気持ちは変わります。

それはわかります。

でも、自分で決めたことです。

そのために周りは協力し、動いているのです。

ならばもう少し責任を持ってもらいたい。


 f:id:ssachiko:20170910201720j:plain


息子とじっくり話し合いました。

感情的にならずゆっくり話をしました。

息子は反抗期だからこんな態度なんだと思っていた私にも反省点はありました。

 

私の考えや思いを息子にちゃんと伝えることなく、

「これくらいは分かるでしょ」

と、当然、当たり前と思っていたことです。

 

考えなんて人それぞれ違います。

親子であってもわからない。

親である私の考えは今までの経験などもあるからそれが「普通」と思うことであって、中学生の息子にはわからないこともたくさんあるのです。

 

それを息子にちゃんと伝えずに、普通なこともできないなんて!とイライラしてしまっていました。

何が普通かなんて人によって違います。

これは私の反省点です。

もっと息子に私の気持ちも伝えるべきだったし、息子からの話も聞くべきでした。

 

反抗期だから面倒だから放っておこう

 

それは大きな歪を生み出すかもしれません。

反抗期だから適度な距離が必要な時もありますが、歩み寄ってじっくり話をしたほうが良い時もあります。


 f:id:ssachiko:20170910201805j:plain


今回は息子とちゃんと話が出来て本当に良かった。

まだ中学2年生。

長女の時を考えるとこれからもっと反抗は激しくなる予感…

干渉しすぎず、口出ししすぎす、でも放ったらかしすぎずにうまく関わっていたい。


この距離感が難しいんだけどなぁ。( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

がんばります!



☆こちらもどうぞ

http://www.sachikolife.com/entry/kodomo-iraira



反抗期子育て乗り切りマニュアル―52人の先輩ママ体験談に学べ! (Como子育てBOOKS)

反抗期子育て乗り切りマニュアル―52人の先輩ママ体験談に学べ! (Como子育てBOOKS)

アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさい

アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさい


小学生 中学生 反抗期の対応ガイド

小学生 中学生 反抗期の対応ガイド